Loading...

EXAMINATION

ニュース

2017.6.24
【外壁調査】神奈川県の大学の外壁調査を行いました

大学から依頼を頂き、校舎の定期点検を行いました。
今回の点検では、肉眼では確認することが出来ない、外壁の浮きを「赤外線カメラ搭載ドローン」で確認することができました。

学校施設や、旅館、工場等の特殊建造物(通称:特建)には2年に1度の点検が義務付けられております。
赤外線カメラを搭載したドローンで点検を行うことにより、従来の打診点検よりも精度が増し、また、足場を組む必要もないため時間、コスト共に大幅な削減が可能です。
また、詳細な修繕必要箇所を事前に把握出来るため、大規模修繕業者様におかれましては工事にかかる正確な見積り作成が可能です。