測 量

survering測 量

ドローン空撮による高精度な
3D測量

ドローン空撮により従来の測量では困難な場所、
地形でも迅速な測量が可能です。
また、高性能クラウドシステムで高精度な3D図面を生成し、詳細なレポートを作成します。
航空測量の専業者に限られていた空からの測量が
より身近に実施可能となりました。

100haがたった1日で測量可能
迅速かつ安価、広大な土地も
ドローンで対応

従来の測量サービスでは作業員が地上から測量しなければならず、無駄なコストがかかってしまう、地上から作業員が入りにくいような場所の計測が困難である、といった課題がありました。そこで、ドローンを用いて空撮による画像取得を行うことで、従来よりも大幅に人件費を削減し、いかなる場所でも効率的にデータを取得できるようになりました。施工現場の広さやソフトウェアにもよりますが、ドローンによる撮影は、1日で終了します。測量の現場に新風を吹き込むのはドローン測量です。

POINT.01

POINT.01

立ち入りが困難な場所も測量が可能

山間部や森林部など、立ち入り困難な箇所でもドローンなら調査可能。太陽光パネル設置前の森林測量をはじめとした様々なシーンに対応する事が可能です。

POINT.02

圧倒的なスピード

従来の計測方法で測量を行った場合、10人で7日間以上かかるところが、ドローンだとたった1日で測量が可能です。従来の方法での測量の10分の1の時間短縮という驚異的な効率化を実現しました。

POINT.02
POINT.03

POINT.03

大幅なコストカット

測量といえば、脚立に乗った計測器(トランシット)を使い、何人もの作業員によってコツコツと計測していく作業が、長い間続けられてきました。国土交通省が推進するi-Constructionでは「ドローンによる測量」が新しい基準として提唱されており、ドローンによる測量は今後急速に普及していく技術です。

POINT.04

画像データから様々なデータを作成

撮影画像を高性能クラウドシステムで分析することにより、様々なデータを制作することが可能です。二次元データ、三次元データ、オルソ画像、点群データ、DTM・DSMなど様々な仕様に処理して提供いたします。また、また、GPS測量端末(イラスト)と組み合わせることにより、高精度の空中測量にも利用できます。

POINT.04

サービスの流れSERVICE FLOW

  • STEP.1

    STEP.1

    お問い合せ

    まずはお気軽にお問合せ下さい。

  • STEP.2

    STEP.2

    調査業務契約

    ヒアリングを行い撮影計画書作成後、
    事前調査をさせていただきます。

  • STEP.3

    STEP.3

    現地調査

    ドローンによる
    現地調査を行います。

  • STEP.4

    STEP.4

    画像解析

    独自のグラウンドステーションで
    画像データを自動的に解析。

  • STEP.5

    STEP.5

    調査結果報告書提出

    調査結果を報告書にて
    ご提出致します。

調査機体PRODUCT

プラン比較SERVICE PLAN

  • 半日プラン平坦な土地など

    ¥400,000~

    サービス内容 損害保険料・国土交通省申請・
    解析報告書作成・
    可視赤外線カメラ撮影画像提供込
    別途費用 ロケハン費・交通費・宿泊費
    広さや地形状況によって状況が異なる為、都度お見積を制作させて頂いております。
  • 1日プラン広域な場合

    ¥700,000~

    サービス内容 損害保険料・国土交通省申請・
    解析報告書作成・
    可視赤外線カメラ撮影画像提供込
    別途費用 ロケハン費・交通費・宿泊費
    広さや地形状況によって状況が異なる為、都度お見積を制作させて頂いております。