Loading...

外壁・家屋調査

ドローンを使用した外壁調査
ビルの老朽化や、橋梁、鉄道などのインフラをドローンを使って点検することが可能です。従来は人間が行っていた目視の点検作業をドローンが行うことができ、足場を組む必要がないため、時間、コスト共に大幅な業務効率を実現出来ます。
低コスト・短期間・安全な赤外線診断
迅速かつ安価、危険な場所もドローンで対応
従来の外壁調査は打診棒などで壁面を打診し、その打音の高低などで外壁浮き部の有無を調査する打診法が一般的ですが、足場やゴンドラなどが必要になり設置費用などが診断費以上にかかってしまいます。ドローンを使用することにより、赤外線サーモグラフィでの調査なら、打診法に比べ低コスト・短期間・安全に外壁の調査する事ができます。そして、大規模な設備が不要で、かつ離れた場所から行うため建物のテナント・居住者への負担も最小限に抑える事が可能です。

赤外線で0.2mm幅のクラックも見逃さない

高解像度のカメラが搭載されており建物の劣化やミリ単位の細かなヒビ割れ(クラック)も見逃しません。赤外線サーモグラフィカメラを使えば、温度変化から雨漏りや塗装の浮きなどを判別することが可能。本来雨漏りは侵入経路を見つけることが難しい厄介な住宅トラブルですが、ドローンなら原因を食い止めることができます。現場でクラックゲージを撮影した画像を取得しておけば、そのデータを用いてひび割れ幅を推定できます。

足場削減でコスト大幅減

マンション等の大型物件の外壁点検をする際は足場やゴンドラを組まなければいけませんが、ドローン調査では必要ありません。足場代は意外と高額なもので、建物の構造にもよりますが数十万円かかることもあります。マンションやビルの赤外線調査は立地の関係で隣のビルから撮影しなければいけないケースもありましたが、ドローンを使えば問題はありません。

雨漏りの進入経路も明確に

赤外線サーモグラフィカメラを使えば、本来侵入経路を見つけるのが困難な雨漏りでも特定する事が出来ます。ドローンを導入する事で、僅かな箇所でも危険なく速やかな検査が可能になる等、検査の効率化・低コスト化に大きく貢献します。

高層ビルの浮きも鮮明に

足場を組まなければ届かない場所についても、赤外線サーモグラフィカメラ搭載ドローンを使う事でより分かりやすく「浮き」を発見する事ができます。高層ビルにも対応出来る事がドローンの強みです。

急な要望にも対応致します

「足場を組むまでも無いものの、少し気になる・・・」という箇所についても、ドローンであればその場で直ぐに調査可能です。 依頼主様の不安を全て解消できるように、徹底的に調査致します。

実際の調査動画
実際に調査している様子を配信
調査機体のご紹介
※FLIR社と共同開発した、赤外線搭載ドローンを使用します。
外壁・家屋調査料金※税抜表記となります
参考プラン3種。お問い合せ頂ければ正確なお見積致します。
BASICプラン

1フライト(1日)

¥300,000~

赤外線カメラ搭載 PHANTOM 3 ADVANCED
損害保険料・国土交通省申請・解析報告書作成・可視赤外線カメラ撮影画像提供込
※別途費用
ロケハン費・交通費・宿泊費

PROプラン

年間3回フライト(3日)

¥870,000~

赤外線カメラ搭載 PHANTOM 3 ADVANCED
損害保険料・国土交通省申請・解析報告書作成・可視赤外線カメラ撮影画像提供込
※別途費用
ロケハン費・交通費・宿泊費

MEGAプラン

年間6回フライト(6日)

¥1,620,000~

赤外線カメラ搭載 PHANTOM 3 ADVANCED
損害保険料・国土交通省申請・解析報告書作成・可視赤外線カメラ撮影画像提供込
※別途費用
ロケハン費・交通費・宿泊費

現地調査までの流れ
お問い合せから報告書提出までしっかり対応させていただきます。
  • STEP.1

    お問い合せ

    まずはお気軽にお問い合せ下さい

  • STEP.2

    調査業務契約

    ヒアリングを行い撮影計画書作成後、事前調査をさせていただきます

  • STEP.3

    現地調査

    ドローンによる現地調査を行います

  • STEP.4

    画像解析

    独自のグラウンドステーションで画像データを自動的に解析

  • STEP.5

    調査結果報告書提出

    調査結果を報告書にてご提出致します。

外壁調査事例
お問い合せから報告書提出までしっかり対応させていただきます。
外壁調査 A社 B社
料金 300,000円(税抜) 350,000円(税抜) 640,000円(税抜)
調査方法 赤外線カメラ搭載ドローンによる点検 打診棒で届く範囲の部分打診 高所作業車を使用し全面打診
日数 4~5時間 2~3日間 4~5日間
正確性
特徴 低コスト・短期間 低コスト・長期間
(正確性にかける)
高コスト・長期間